アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「モンテッソーリ」のブログ記事

みんなの「モンテッソーリ」ブログ


モンテッソーリのお教室へ入学♪

2010/07/29 19:35
お久しぶりです。

近況報告です。

以前見つけた2歳児からの
モンテッソーリ教育を取り入れた幼児教室。

2歳の誕生日を迎えた6月から月2回で通うようになりました。


内容は以下の感じです。
 ・モンテッソーリのお仕事
 ・ハローソング
 ・英語のあいさつや天気カレンダーなどのやり取り
 ・フラッシュカード(英語・日本語)
 ・ドッツカード
 ・色合わせ、ハサミなどの活動(様々)
 ・プリント類、ぬり絵や迷路など
 ・グッバイソング
 ・ごあいさつ

私が一番興味があるのがやっぱりモンテのお仕事。

その他の英語やフラッシュカードプリント類は
そんなに興味はないんだけど、
(英語はまだまだ家庭教育が大事な時期だし、だってまだ発語少ないし

モンテのお仕事は100均で揃えられそうな道具もあるし、
実際に興味持って取り組んだものは
家庭でも同じように揃えて取り組めるようにしてあげたりと
参考になります。


そう、
家庭での取り組みの参考にしたい!というのが通い始めた一番の理由かな。
そして、同じようなことに興味のあるママさんや先生とつながりたいと。

実は先生もKoLion(こらいおん)君と同じ年のお子さんのママさんなんです。

先生と保護者、だけじゃなくて
そのうち同じママ同士としてもゆっくりおしゃべりしてみたいなぁ。


KoLion君は慎重派で自分の目の前のお仕事はしないで
隣のお姉ちゃんのお仕事をする様子をじ〜〜〜っと見てたりします。
そして、次にそのお仕事を選んで真似したりするんです。

年上の子との関わりも大事だな〜〜って思います。


あ、まだほとんどしゃべれないので、
ご挨拶も先生に話しかけられてもお返事できてません
それでも、入学させていただいて、先生には感謝です。

初めてお返事出来た日は感動だろうなぁ〜〜〜。
英語で話しかけられたりもするから、
発語へのきっかけになればいいかなぁ。



またお教室での様子、UPしますね。



でも、本当に、念じれば、素敵なお教室や先生にめぐり合えるもんですね〜〜〜




家庭でモンテ?子育て情報満載のチルドレン大学



ブログ村に登録しています。
応援クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


田舎でもこんな出会いが…

2010/02/27 13:12
去年始めた
「子連れママさんのための英語レッスンサークル
ネイティブママさんによるフリーカンバセーション」



その新規メンバーに、 、、

モンテッソーリ教育を教えている人”が来た!!!


チルドレン大学を受講してから
気になっているモンテッソーリ教育です。



彼女は中国にモンテを広めに行っていたらしいのです。




ここ田舎なのに?!

すごい!!!!!

そんな方に出会えるなんて、
モンテの先生の先生??




そして、

最近見た広告で、

”2歳児からのモンテッソーリ教育を取り入れたお教室”

を発見!!!

この辺に幼児教室があったなんて…。
それも、モンテ…。


  先日、県庁所在地の市へ行って(遠いし、泊まりです。)←田舎モンだべ。
  幼児教室の看板を見かけて、
  「やっぱり都会は違うんだね〜〜」なんて話をパパとしていたところだったのに。


そして、その幼児教室を主宰している会社のHPをのぞいてみたら、

土曜留学???
留学って英会話教室?
そこでは・・・
”イマージョン教育!!!!!”してるって!?
(英語を教えるんじゃなくて、英語で勉強を教えてくれるの)





私の欲しかったもの、
急に全部出てきた…。

あとはお金が降ってくれば、いうことなし 。








こんなにボロボロと私の欲しいものが出てきたけれど、
ちょっと複雑な心境だったりして。

それは、以前パパに
「そんなに英語が好きなら
子供集めて英語で過ごす学童みたなのやったら〜?
(そして僕を雇って〜〜)」
と言われていたから。

いや、別に本気で起業するつもりはないですが…(^-^;)

今回の発見で、
「やった〜!」が50%と
「やられた〜(>_<)」が50%だったりして。




最近、田舎なりに、
やりたいことは自分で動いてカスタマイズしちゃうことにちょっと慣れていたから
もう誰かが始めちゃったことがちょっと悔しいのかも。



でも、このイマージョン教育の土曜留学っていうのは
県内で初らしいです。

ほんと、どうしちゃったんだろう?
ここ田舎なのに…。



そして、新たに近所にできる
幼稚園と保育園一体型のこども園。
専属英語講師がいるらしいです。

なになに〜?と見学会に行ってみると、ここはモンテッソーリ教育だった!!


…これは本当に、
地元で複式学級(2学年が一緒に学ぶ)の覚悟決めて
市街地に家立てるより、
節約して、習い事に奮発しちゃうか〜???


山奥や離島と違って
主人の地元は車ですぐに市街地に出て来れて、
習い事や買い物は普通に通えるし、
なお且つ学校は超少人数制で質の高い先生が来るとなったら
これってお得???


あぁ、今から悩む〜〜〜〜。
KoLion(こらいおん)君の教育問題。





でも、、、
チルドレン大学受講前は
「今やらないと手遅れになったらどうしよう、、、 」
という焦りがあったけれど、

今回は、、、
「その教室&イマージョン教育ってどんなことをやるの? 」
「どんな感じ??」
「KoLion君はどんな反応を示すの?」
という手法への興味が結構強いかも。


だって「通わせて安心」じゃなくて、
やっぱり一番大事なのは「家庭」だもんね。

家庭でもモンテの考え方を取り入れて子どもに接していかないと
お教室での成果なんて本当にでるのか疑問…。


そう冷静に思えるってことは
私も以前とは少し変わって成長したかな?







最近、アンテナを高くしていることもあるけれど、、、

面白いこと(いいこと)見つけたら
みんなとシェアしたいっていう想いを持つようになってから
なんだか、いい風が吹いてきている気がするなぁ。


念力で呼び寄せたのかも・・・?










ブログ村登録しています。
英語育児に参考になるブログがいっぱいです^-^
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村




私の周りにふく風が変わってきた…
チルドレン大学について





PR;モンテッソーリ教育


記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「モンテッソーリ」ブログ

チルドレン大学メンターNo.26
  『 Ruu 』です

子育てママ英語☆ 〜DWE&チル大@田舎〜 モンテッソーリのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる